Osaka Boy


拳の傷が、ちょっとかっこよかった青年。美術史の新書を片手に持っていた。