サンプリング

LAMP EYEの名曲「証言」の元ネタについて、いくつかのサイトで、Lafayette Afro-Rock Band の"Hihache"が紹介されていたんだけど、


この曲をどうサンプリングして、どういじれば



こんな曲になるのか、全然わからない。
と思ったら、上の動画のサンプリングは、バースとバースの間のブレイクのみで、ラップしているバックで流れている部分のトラックは

サウンドはスパイ小説で有名なJohn Le Carre原作の「死者にかかってきた電話」と、Sidney Lumet監督が映像化した作品「恐怖との遭遇」のサントラ盤に収録されている「Who Needs Forever」をネタにしてMIXしたものである
wikipedia 証言 (ヒップホップ)

だそうだ。その程度の使われ方で、大々的に元ネタっていうのもどうかと。



証言

証言

追記

id:nyaofunhouseさんのエントリー
「Nobodyのビート」 - Nyao’s Funtime!!でHihacheが使われているのは最初のビートのループである事、
さらにTwitterhalfliteさんからピアノのループはAstrud Gilbertoの"Who Needs Forever"だという事を教えていただきました。こんな適当なエントリーに、丁寧にフォローしていただいたお二人に感謝します。おかげでスッキリしました。

Finest Hour

Finest Hour