3033



今日で30歳になった。

昨日は夕方から、同居人と二人で西荻にある焼肉屋に行って普段の倍以上食べて、半笑いのまま店を出て、よく行く店で白ワインや焼酎を飲んで、黒糖のソルベと熱いチャイを飲んで帰った。同居人と知り合った当時、21歳と24歳で、どうでもいい些細な事は気にするくせに、普通もっと気にしたほうがいいような事は全然気にしないような感じだった。それは今もそんなに変わっていない気がするし、そうあってよかったと思う。

今日は渋谷で「ぐるりのこと。」を見た。二時間少しの中に、ものすごい濃縮された社会と人生の縮図。自分の私生活からみても、いいタイミングで見れた映画だった。

初めての子供の死をきっかけに、翔子は精神の均衡を少しずつ崩していく。うつになっていく翔子と、彼女を全身で受け止めようとするカナオ。

http://www.gururinokoto.jp/intro/index.html

個人的には、受け止めようとしてるんじゃなくて、受け止める以外に選択肢が無いといった感じにも見えた。
翔子の台詞の一つ一つの後、自分だったらどう返すんだろう、と考えながら見た映画は初めてだった。身近な題材を扱いながらも、遠い出来事のように思わせる作品が多い中、この映画はとてもリアルに自分に語りかけてくる静かな迫力があった。

今日から30歳。なんかすっきりしている。